核も基地もない神奈川を

神奈川県平和委員会は、沖縄に次ぐ第2の基地県として「核も基地もない平和な神奈川」をめざし、県下15の市・町村と職場の平和委員会、青年部により

1600人を超える会員(2019年9月現在)で活動しています。

7月に行われた参議院選挙で自民・公明・維新の改憲勢力は国会発議に必要な3分の2を割りました。さらに自民党は改選議席を9つ減らし、過半数を維持できなくなりました。これは憲法を変えるのはダメという国民の意思の表明ですし、私たちの安倍9条改憲NO!の取り組みと、市民と野党の共闘の成果です。

しかし、安倍首相は大軍拡、憲法改悪、戦争する国づくりに前のめり。憲法9条を変えて、日本を海外で戦争できる国に様変わりさせようと策動しています。国民の多くは憲法を変えて戦争する国にしてほしいと望んでいません。

一層、私たちは声をあげて、安倍9条改憲NO!3000万署名と運動を広げていきましょう。

平和委員会は平和・民主主義・憲法守れ、沖縄連帯・支援、基地撤去など様々な分野で役割を発揮しています。独自の「つどい」や宣伝行動を実施するとともに地域で、職場で共同の取り組みを広げています。

9月29日には第61回大会を横須賀で迎え、ますます輝く、素敵な平和委員会でありたいと願っています

 

 

絵解き 8月25日平和委委員会の学習会「自衛隊・防衛大学校のいじめ事件の実態と裁判」

 

 

PAGETOP
Copyright © 神奈川県平和委員会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.