神奈川県平和委員会

核も基地もない神奈川を

Header Image

戦車阻止闘争50周年記念講演会

ご挨拶

2023年を 憲法が輝く年に

 大軍拡・大増税NO!外交の力で戦争ストップ

1月4日、新しい年の幕開けに新春の厚木基地フィールドワーク&学習会を行いました。大和市平和委員会・佐野昭弘事務局長は「基地機能の強化と危険の増加

を指摘し「空母艦載機の岩国基地に移駐しましたが基地の騒音は続いています」と報告しました。参加した23人は横断幕を掲げて「欠陥機オスプレイは日本・神奈川の空を飛ぶな。厚木基地のオスプレイの拠点化は許さない」の声をあげました。

昨年12月、岸田政権は「安保3文書」(国家安全保障戦略、国家防衛戦略、防衛力整備計画)の閣議決定を強行しました。これまで歴代自民党政府も「建前」としてきた「専守防衛」の原則を投げ捨て、アメリカと一緒に他国を先制攻撃・全面攻撃できる軍事大国の道へと日本の進路を切り替えようとするものです。

県平和委員会は岸田首相へ抗議し撤回を申し入れるとともに、「地域・職場で宣伝、世論を広げよう」と呼びかけています。

 2023年を憲法が輝く年にしていきたいですね。「大軍拡・大増税NO!外交の力で戦争ストップ」の声を大きく広げていきましょう。

 

 

新着記事

Return Top